外壁塗装はお家を頑丈にする~ががんと頑丈ハウス~

傷みを修繕

Home environment

外壁塗装の工事内容について

リフォームを行う部分は、傷み具合によって違いますが、多くの場合、外壁、フローリング、水回りなどが、修繕対象になります。 室内のフローリングや壁紙の貼り替え、水回りのメンテナンスや交換などは、室内で行う工事ですが、外壁をリフォームする場合は、近隣住民への配慮も必要になってきます。 外壁の修繕としては、洗浄、傷み部分の修理、パネルやサイリングなどの材質によってはシーリングの打ち増しや打ち替え作業が必要になります。 外壁塗装の場合は、下塗り、上塗りという作業工程がありますが、最近は、どのような塗料を使用するかが注目されています。

付加価値の高い塗料の使用

外壁塗装を行う場合、まず既存の塗料や汚れを除去する目的で高圧洗浄を行います。壁表面をきれいに整えることで、塗装作業の仕上げや効率をよくすることができます。 長く外部の風雨や日光にさらされていることから、外壁にはいろいろな傷みが生じる可能性があります。場合によっては、クラックと呼ばれるひび割れがあるかもしれません。外壁塗装に先立ち、クラックの修繕が必要になります。 モルタルの表面的なヘアークラック程度なら、すぐその場で簡単に補修できますが、構造的なクラックの場合、修繕に時間とコストがかかりますので、確認が必要になります。 外壁塗装の準備が整ったら、ウールローラーや砂骨ローラーを用いて下塗りを行い、そのあと、数回の上塗りを行います。フッ素系や光触媒系の上塗り用塗料は価格も施工費用も高くなりますが、その効果も高いことから最近需要が高まっています。